治癒の力を利用するのが骨盤矯正

矯正と聞くと、骨の位置をズラす施術と考えている人が多いのですが、それだけが目的ではありません。骨盤矯正の本当の目的は骨の位置を正常にすることです。これによって人が本来持っている治癒の力が正常に発揮されるようになることを期待して行う施術ということです。
ですから、矯正というのは数ある施術の一部だけをきりとったものと考えてもいいかもしれません。矯正をした後には必ずこの位置でズレないようにするための姿勢の指導などが必要となります。
この指導がないところは施術がしっかりと最後まで出来ていないことになりますから、しっかりとした指導をしてくれるところを選ぶことが大切です。特に骨がズレた理由などを明快に指摘してくれるようなところがいいでしょう。原因が分かればそれを修正する方法もわかりやすいからです。

骨の位置がずれると人の体の機能は低下する

人の体はとても繊細に出来ていて、骨の位置がズレるとその影響は全身に及ぶことがあります。そのため、体が不調になることもよくあることです。骨というのは体を支えるものであると同時に神経の通り道を確保するようなこともしており、骨と神経はかなり近くにあることが多かったりします。
そのため、骨の位置がずれると神経を圧迫したりするようなこともよくあるので、これが原因となってさまざまな不調を引き起こす要因ともなりえるわけです。
ただ、人の体の治癒の力は大きなものがあり、骨が正常な位置に戻れば本来持っている治癒の力が正常に発揮されるようになります。骨盤矯正はこの治癒の力が発揮されるようにするための施術というわけです。骨を元に戻して終わりではないということに注意が必要です。

体への負担が少ないのが矯正の魅力

矯正は体への負担が少ないのが魅力でもあります。これは治癒の力が正常に発揮されることを待つという概念からきているとも考えられます。基本的に人の体に大きな負担をかける外科的な療法や投薬によるものとは概念が違うので、体にはほとんど負荷がかからないようになっているのです。
矯正の施術は一見大きな力がかかっているようにも見えますが、実は大きな力をかけているのは動かさない固定している部分に対してかけているだけです。ズレている骨の部分以外をしっかりと固定することで、ほんの一瞬だけ骨が動いたときに連動して他の骨が動くことを避けるように固定しているというわけです。
うまい施術の人はこの固定が上手いといえます。骨を動かす力はそれほど必要ではありませんから、いかに動かないところを抑えているのかが上手い下手の分かれ目です。