骨盤のゆがみが引き起こす体の不調骨盤矯正で症状の改善を

骨盤は体の中心と言っていい部分にあり、さまざまな骨と連動しています。この部分が何らかの原因で傾いたり、ねじれたり、上部や下部が開きぎみになっていたり閉じ気味になっていたりといった歪みがあると、身体にさまざまな不調を引き起こすようになります。
骨盤が歪む原因はさまざまです。椅子に座る時、いつも同じ脚を上にして組んでいる、立っているとき重心がいつも同じ方に偏っているなどの日常生活での癖が原因となることが多いですが、出産による骨盤の開きも原因となります。運動不足やストレスなども原因と考えられています。
骨盤の歪みを正すことを、骨盤矯正といいます。多くの整骨院で、歪みを矯正する施術を行っています。しかし、矯正しても、普段の生活の癖を治し姿勢を良くしない限りは、再び歪んでしまう可能性があります。

骨盤のゆがみが引き起こすさまざまな症状

それでは、骨盤の歪みによって具体的にどういった症状が出るのでしょうか。
身体の中心にある骨盤が歪んでしまうと、全身の骨格や筋肉のバランスが狂ってしまいます。また歪みやズレによって、周辺の血管や神経を圧迫することになります。
骨のバランスがゆがむと、負担がかかる骨の周辺の筋肉が硬くなって、肩こりを感じるようになります。使わない筋肉がでて、脂肪を燃焼しづらくなり、基礎代謝が落ちることで肥満をひき起こす可能性があります。また冷えの原因になることも考えられます。
骨盤の歪みからくる神経の圧迫により腰痛が起きたり、脚に痛みを感じることもあります。
これ以外にも、頭痛や生理痛、猫背やO脚、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな不調の原因となると言われています。
骨盤を矯正することで、これらの症状の改善が期待できます。姿勢が良くなり、O脚や肥満の改善などの美容的効果も得られます。

骨盤の歪みを矯正するこれだけの方法

骨盤が歪んでいるかどうかは自分でチェックできます。鏡の前に立ち、肩の高さや足の長さを確認して、左右が違えば歪んでいる可能性があります。また仰向けに寝て膝を曲げて脚を立て、左右にゆっくりと倒してみて、どちらかに倒しにくかった場合はねじれがあるかもしれません。
あまりに骨盤が歪んでいると感じた時は、信頼できる整骨院などで施術を受け、矯正する施術を施してもらうといいでしょう。
自宅では、骨盤周りや肩の筋肉をほぐすストレッチをすると効果が期待できます。骨盤ベルトや骨盤矯正クッション、バランスボールといった矯正のためのグッズも数多く出ていますので、活用するといいでしょう。
また、普段から背筋の伸びたきれいな姿勢で過ごすことを意識し、座る時や立つとき体の左右のどちらかに負担がかからないようにすることが大切です。